2011年 04月 02日

気仙沼の「煮たこ」

地震発生から三週間が経ちました。

私は父の転勤で小学校4年生から高校卒業までを
宮城の北部の山間部で過ごしました。
両親もその後また転勤で神奈川に戻りました。

夏は気仙沼の唐桑に海水浴に行ったことを覚えています。
碁石海岸が唐桑だと思っていたら、大船渡のようです。
大船渡にも行っていたのですね。
今回の地震の後、父はそのあたりの景色が好きだったと話していたので
家族を連れて行っていたのでしょう。

宮城に住んでいる頃から
お正月は気仙沼の「煮たこ」を食べていました。
気仙沼では「茹でたこ」のことを「煮たこ」と呼びます。
大きいたこですが、とっても柔らかくて
味わいがあるのです。
神奈川に戻ってからも年末には母が取り寄せていて
もちろん今年のお正月にも食べました。
「ここのたこが一番ね。」と・・・。

お店は海岸に近かったから流されてしまったかもしれないけれど
どうかお店の方々が避難できていますように。

e0059392_12555070.jpg







今年のお正月の食卓。
料理はすべて母が・・・(汗)。

















あの日からずっと
心がざわざわし、もやもやしていたけれども
そろそろ切り替えないと。

被災された方々の復興を願う気持ちを持ちながら
普段通りに暮らして
心構えを考えて整理していこうと思うのです。
[PR]

by coba-rei | 2011-04-02 13:33 | 思うこと


<< ロールケーキ      手造り市へ >>