暮らしは楽しみ

cobarei.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 23日

日曜日 予定もないのでテレビをつけると
高校野球の県予選が放映されていた。
「あれ、あの子いるかも・・・」

小学校の月に2度ほどのクラブ活動でバスケを指導していた時に
所属していたやんちゃな男の子。
その子に昨年、仕事場の近くでばったり会った。
もう高校生になっていました。
私のことを覚えていてくれて、
「こんなところで何してるんすか~!」って・・・。
「仕事だよっ!!」
そして
仕事場の近くの高校に通っていること。
野球部に所属していること。
自分たちの代にはいい選手がたくさんいるから、いいとこまでいけそうだ。
などと話した。

テレビに映っていた学校はその子の高校でした。
解説の中にその子の名前が出てこないか注意深く聞いてみたけど
出てこない・・・。
レギュラーじゃないのかな?
もしかして、辞めちゃったのかな?
対戦相手は第一シードで点差は開く一方。
2番手のピッチャーが投球練習を始めた。その姿が映し出された。
「いた!!」
そのピッチャーでした。
続けていたんだー。と うれしくなった。
結果は負けてしまった。

彼の夏は終わってしまったのかな~。

いい夏であったと思う。



e0059392_22132838.jpg
[PR]

by coba-rei | 2007-07-23 22:15 | 思うこと


<< つれづれ。      花を飾って >>