暮らしは楽しみ

cobarei.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 03日

木製建具

e0059392_10541825.jpg


e0059392_10522598.jpg
最近、昭和40年以前の住宅のガラス戸などの格子や桟の組み方に
とても興味があります。
私が設計した住宅は ほとんどオリジナルで建具屋さんに作ってもらいます。
なるべく引き戸にして そして木に溝を彫ってもらい 手かけにして金物は使いません。
引き戸は開け放しておけば 部屋と部屋がつながります。




e0059392_1054637.jpg






これが てかけ の部分。










先日建具屋さんに打ち合わせに行って
昔の建具は味があるものが多かったね。という話になりました。
古い建具の修理を頼まれて その建具を見ると昭和何年ごろの建具かわかるそうです。
それって素敵です。そういう「もの」には愛着がきっとわくのでしょうね。
だから修理して使い続けたいと思うのでしょう。

骨董屋さんなどにも古い建具があって いい味出しているものがたくさんあります。
今の既製品の建具が同じ年月を経たときに いい味がでるのでしょうか。

「年月を経て 味の出るもの」をつくりたいものです。
建具も家も・・・。
                                                    
[PR]

by coba-rei | 2005-09-03 11:04 | 住まい


<< 抽斗      壁 >>