暮らしは楽しみ

cobarei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:思うこと( 9 )


2011年 04月 24日

楽しくて美味しくて

e0059392_13183193.jpge0059392_13184016.jpg










先週末のランチはJEEP君ちのなーさんと。

つばめグリルのハンバーグとトマトサラダ。
学生時代に食べた以来で数えてみたら
20年(以上)ぶりぐらい・・・に食べた。時の流れにびっくり。
トマトサラダの中身は「カニサラダ」と記憶していたけど
「コールスロー」だった。

久しぶりに会うと話すことたくさん。
のどがカラカラになりました。

心が軽くなったって
元気をもらって帰りました。
おしゃべりって素晴らしい。

どうもありがとう。またつきあってね。


e0059392_13242623.jpg

うきうき靴下。
Thank you!
[PR]

by coba-rei | 2011-04-24 13:26 | 思うこと
2011年 04月 02日

気仙沼の「煮たこ」

地震発生から三週間が経ちました。

私は父の転勤で小学校4年生から高校卒業までを
宮城の北部の山間部で過ごしました。
両親もその後また転勤で神奈川に戻りました。

夏は気仙沼の唐桑に海水浴に行ったことを覚えています。
碁石海岸が唐桑だと思っていたら、大船渡のようです。
大船渡にも行っていたのですね。
今回の地震の後、父はそのあたりの景色が好きだったと話していたので
家族を連れて行っていたのでしょう。

宮城に住んでいる頃から
お正月は気仙沼の「煮たこ」を食べていました。
気仙沼では「茹でたこ」のことを「煮たこ」と呼びます。
大きいたこですが、とっても柔らかくて
味わいがあるのです。
神奈川に戻ってからも年末には母が取り寄せていて
もちろん今年のお正月にも食べました。
「ここのたこが一番ね。」と・・・。

お店は海岸に近かったから流されてしまったかもしれないけれど
どうかお店の方々が避難できていますように。

e0059392_12555070.jpg







今年のお正月の食卓。
料理はすべて母が・・・(汗)。

















あの日からずっと
心がざわざわし、もやもやしていたけれども
そろそろ切り替えないと。

被災された方々の復興を願う気持ちを持ちながら
普段通りに暮らして
心構えを考えて整理していこうと思うのです。
[PR]

by coba-rei | 2011-04-02 13:33 | 思うこと
2008年 08月 01日

*

テレビのニュースで 「国語に関する世論調査」 について伝えていた。
本来の意味とは違う使い方をしている「言葉」についてだった。

まずは 『憮然 ぶぜん』とは

① 腹を立てている様子。

② 失望してぼんやりしている様子。







正しいのは ② です。

私は①だと思っていた・・・。
でも7割近い人が①と思っていたのですって。
年代的には20代より下の人は ② と答える割合が多いとのこと。
(間違えやすいとのことで授業で習うんだとか)
逆に年代が上の人ほど間違って使っているそうです。


それから
『煮詰まる』とは

① 議論が行き詰って結論が出せない状態になった。

② 議論が出尽くし結論を出せる状態になった。








正しいのは ② です。

これも①だと思ってた・・・。
この言葉は50代60代の人は7割が正解なのに対して
10代20代は2割近くの人しか正解者がいないのですって。


言葉は時代とともに変わる部分もあるのだろうけど
本来の意味は知っていたいと思ったのでした。
[PR]

by coba-rei | 2008-08-01 14:26 | 思うこと
2008年 03月 29日

ブラバン

3月のはじめに中学のブラバンのミニコンサートへ出かけた。

ミニバス卒業生でバスケ部ではなくて
ブラバンに入った子が
初めて人の前で演奏するのですって。
「コーチに来て欲しいんですけど。」と連絡があって
「行くよ!」ってことになりました。

部員は引退した3年生も入れて13人。
卒業コンサートみたいなんだと思う。

前半は一人ずつピアノの伴奏とともに自分の担当の楽器で演奏。
彼女は一年生でユーフォニュームを吹いた。
こっちの方がドキドキ。
とっても上手・・・ではなかったけど一生懸命な瞳をしていた。

後半は合奏。
「美中の美」
「ブラジル」など4曲。
久しぶりに聴いた吹奏楽。完成度は高くないのだろうけど
とってもよかった。

知ってるお母さんがいて話してくれたこと。

「この3年生は本当に音楽が好きなんですよ。
2年生までの顧問の先生がブラバン経験者だったけど
「自分は下手なので教えるほどじゃありません。」と
名ばかりの顧問で部活に来ないので、卒業生に来てもらったりして
生徒だけで活動していたんです。
でも辞めなかったのよ。
3年になって顧問が変わり、初めて部活らしくなって
ミニコンサートを先生が企画してくれたんです。」とのこと。

そんなことを聞いたものだから、最後の曲で3年生が花束をもらう時に
「よかったね~。」と教えてくれたお母さんと泣いてきた。

出会った先生によってひとつの部活も
こんなに違うものになるのか・・・。と、ちょっと考えてしまいました。

「出会い」
人生いい出会いばかりがあるわけじゃない。
その中でも、
いい出会いに巡りあいたいと思う。
自分も「出会えてよかった」と思われるような人になりたい。
[PR]

by coba-rei | 2008-03-29 14:08 | 思うこと
2007年 12月 22日

最近のいろいろ

仕事場の近くのコンビニやスーパーの入り口に
「この人を探してください」の張り紙がはってあります。
見ると12歳の男の子。
発達障害があり、徘徊癖があります。と書いてあった。
家族の方の心配は想像以上のものでしょう。
彼はどれほどさびしい思いをしているのだろう。
早く「ご協力ありがとうございました。みつかりました。」
という張り紙に替わってほしいと切に思う。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


ミニバス卒業生とお茶をしました。
6年生だった彼女も高校1年生。
バスケは続けていないけど、ちょくちょく近況をお知らせしてくれます。
学校が楽しいんですって。
生き生きしていてまぶしかったな~。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


最近買った本はこれ。


e0059392_921861.jpg










「ヨーガンレールの社員食堂」

写真は小さめで「記録」という感じ。
肉も魚も使っていないのに豊富な献立。
参考にして 野菜をたくさん食べよう。
[PR]

by coba-rei | 2007-12-22 09:08 | 思うこと
2007年 09月 22日

つれづれ

「暮らしの手帖」は編集長が松浦さんになってから
おしゃれになったように思います。
必ず手にとってしまうのだけど
なんか「暮らしの手帖」じゃないような気もしてしまいます。
私が感じていた「暮らしの手帖」は
おばあちゃんちの台所を覗いてみたら
「あら、意外におしゃれな器とか道具!」みたいな発見に似た
楽しみがあったのです。
はじめからおしゃれだと、こんな私はちょっぴりつまらない。
でも堅実な記事は読み応えがあります。

「硬化油」について書かれていた記事を読んで、気になっていたことが
はっきりとしました。
コーヒーフレッシュは「加工品」だということ。
牛乳からできているのではないよな~?と思いながらコーヒーに入れていたけど
「硬化油」だとわかったら、入れたくないな・・・。
今は「パントリークリーム」を使ってます。



増改築のお客さん宅で見つけた「暮らしの手帖」
なんと、第一号からある・・・。更に古いものも・・・。
見せてもらおうと思ったのだけど バラバラになりそうで断念。

e0059392_1431255.jpge0059392_14314429.jpg











_ _ _ _ _ _ _ _ _ _


e0059392_14403570.jpg最近のマイブーム。
レタスのざく切りスクランブルエッグ(卵とじとも言う)
レタスは半分生な感じを残して 胡椒をかけてお醤油をたらり。

「マーガリン」も硬化油です。

バターは固くて扱いづらいです・・・。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _


e0059392_14415469.jpg酒屋さんにいただいた
「間引きした大根葉」
じゃこと炒めて
ご飯にかけましょ。
[PR]

by coba-rei | 2007-09-22 14:44 | 思うこと
2007年 09月 01日

たくましい。

昨日の朝のテレビで 讃岐うどんの「るみばあちゃん」のことをやっていました。
今までのお店が立ち退きになって
新しいお店が8月に開店するまでの事でした。

るみばあちゃんは74歳。
「自分がどこまでできるかやってみたい。」って言ってました。
すごいな~。
るみばあちゃんにとってうどん作りはライフワークなんだろうな。
「私はこれしかできないから。」って。

新しいお店を新築中に基礎しかできてない敷地で
道路に向いてパイプ椅子に座っているばあちゃんがいました。
ばあちゃんはダンボールに「おみやげ有りマス」とマジックで書いた
看板を出していました。
その姿に涙が出そうになりました。
働くってこういうこと。商売ってこういうことなんではないかな。

なんだか自分がだらしなくって情けなくなって涙が出そうになったのかな。

ふと思いました。
るみばあちゃんは年金問題なんて気にしているのだろうか・・・。
[PR]

by coba-rei | 2007-09-01 12:02 | 思うこと
2007年 07月 23日

日曜日 予定もないのでテレビをつけると
高校野球の県予選が放映されていた。
「あれ、あの子いるかも・・・」

小学校の月に2度ほどのクラブ活動でバスケを指導していた時に
所属していたやんちゃな男の子。
その子に昨年、仕事場の近くでばったり会った。
もう高校生になっていました。
私のことを覚えていてくれて、
「こんなところで何してるんすか~!」って・・・。
「仕事だよっ!!」
そして
仕事場の近くの高校に通っていること。
野球部に所属していること。
自分たちの代にはいい選手がたくさんいるから、いいとこまでいけそうだ。
などと話した。

テレビに映っていた学校はその子の高校でした。
解説の中にその子の名前が出てこないか注意深く聞いてみたけど
出てこない・・・。
レギュラーじゃないのかな?
もしかして、辞めちゃったのかな?
対戦相手は第一シードで点差は開く一方。
2番手のピッチャーが投球練習を始めた。その姿が映し出された。
「いた!!」
そのピッチャーでした。
続けていたんだー。と うれしくなった。
結果は負けてしまった。

彼の夏は終わってしまったのかな~。

いい夏であったと思う。



e0059392_22132838.jpg
[PR]

by coba-rei | 2007-07-23 22:15 | 思うこと
2006年 03月 11日

みちのくの宿

e0059392_1174039.jpg先日 泊まった温泉宿は
この写真のイメージがぴったりします。

温泉の湯船と部屋への行き来。
ただそれだけ という感じ。

雑誌に出るような洗練されたインテリアではなかった。
そこに行ったことが 自慢になるような宿でもなかった。

でも 癒しの場所でした。

それが 私にとっての新しい発見となりました。
[PR]

by coba-rei | 2006-03-11 11:09 | 思うこと